読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通販型自動車保険(ダイレクト型)の比較&ネット割引(見積り・申込み)で大幅に安くなった

自動車保険は、同じ補償内容でも、およそ年間1万円から5万円以上、お得になることをご存知でしょうか?一所懸命働いて稼いだ「大切なお金」です。少しでも安くするために、一度各社の見積もりを比較する事が必須です。実際に私もネット割引を利用し、一括見積もりをしました。なんと年間保険料28,900円の差額が発生し、びっくりしました。ネットから保険料を節約して申込みできる方法をご紹介します。

↓比べて見るとこんなに差が!。5万円以上節約できる可能性が?↓

インズウェブ自動車保険一括見積もり

一括見積もりで保険料大幅ダウン&一番安く保険料を見つける方法

「私がなぜ、比較することをお薦めするのか?」 

それは、「どこの保険会社でも、さほど保険料が変わらないんじゃないか」

と勝手に解釈していましたので・・・。

 

それまでは、全然、見直しをしていませんでした。

「もっと早く、真剣に考えて行動していれば」と後悔したからです。

 

当時私は、通販型(ダイレクト型)自動車保険に加入する前は

代理店型(対面型)に加入していました。

 

毎年、同じような補償内容で、(対人・対物)無制限、

人身傷害、搭乗者傷害、車両保険で更新していました。

年間保険料は約60,000円でした。

 その時の率直な気持ちは、

「高いなあ、もっと安く加入できる自動車保険は無いのかあ」

と考えていました。

ある日、インターネットを利用していたら、目に飛び込んできました。

それは、通販型自動車保険一括見積もりができる比較サイトでした。

また、ネット割引が適用されることも知りました。

 

早速、手元に保険証券を用意し、

始めに同補償内容を入力してみました。

 

31,100円と算出されました。

なんと28,900円の差額です。

 驚きと共に愕然としたことを今でも覚えています。

 

それ以来、私は、安易に契約するのではなく、

じっくり見直しをして、 慎重に補償内容を確認してから、

クレジットカード決済で契約を結んでいます。

{クレジットカード決済は保険開始日(満期日)の前日まで利用できます。}

体験談 

私の家族は、数年前から、 たて続けに3台の交通事故を、

起こしてしまいました。

 

こんな時、自動車保険の必要性を痛感させられました。

当初、通販型(ダイレクト型)なので、

示談交渉がスムーズにいくのか心配でした。

 

しかし、いい意味で予想外でした。

相手方及び私たちに対しても、

誠意ある対応や手続きなど的確な話し合いにより、

無事解決する事ができました。

 

また、通販型(ダイレクト型)自動車保険に切り替えていたので、

保険料が安くなった分、他の特約も付加できて、

とても助かり良かったです。

選択枠も広がり、充実度も増して満足できました。

 

※SBI損保、おとなの自動車保険ソニー損保、

  ZURCHIチューリヒ、三井ダイレクト損保の

インターネット割引の新規、継続の比較をしてみます。

 ★SBI損保    

新規:継続共10,000円 割引

(保険開始日が平成27年10月1日から)

 

★セゾン自動車保険(おとなの自動車保険

新規:継続共10,000円 割引  (分割払いは年間9,960円割引)

 

ソニー損保 新情報

新規:10,000円 割引  (平成28年12月1日から改訂)       

継続:5,000円 割引

 

★ ZURCHI チューリヒ

新規:2,500円~ 最大12,000円 割引

継続:1,500円 割引

 

★三井ダイレクト損保

新規:4,000円~ 最大10,000円 割引  

継続:3,000円 割引 

 

年間走行距離の申告の有無

SBI損保     

過去1年間の走行距離&オドメータの申告必要。

☆<自動車保険(おとなの自動車保険

過去1年間の走行距離&オドメータの申告必要。

ソニー損保     

過去1年間の走行距離&オドメータの申告必要。

☆ZURCHI チューリヒ

過去1年間の走行距離&オドメータの申告必要。

☆三井ダイレクト損保 

過去1年間の走行距離&オドメータの申告必要。

* オドメータとは、積算距離計のことです。

体験をもとに、

5社の比較&付加価値のある商品をピックアップしてみました。

SBI損保 

平成28年10月1日以降の契約分から年間走行距離の改訂。

5,000km以下、5,000km超か~10,000km、

10,000km超~15,000km、15,000km超20,000km、

20,000超、 

以上5区分に細分化されました。

ネット割引が新規継続共10,000円でお得です。

自転車事故補償特約について

1.損害賠償責任保険1事故につき、1億円まで補償(対人・対物)

2.死亡保険金・後遺障害保険金1名につき、1,000万円まで補償

3.本人だけでなく、ご家族まで補償

※ご自身やご家族のケガで

5日以上の入通院(事故日から起算して180日以内)から対象。

通院と入院の合算も含まれます。

自動車保険(おとなの自動車保険

ネット割引が新規継続共10,000円でお得です。  

 一般車両保険の免責0(2回目以降も0)特約 で

自己負担が無く、愛車をしっかりガード。

おもに、40代・50代をターゲットにし、

細かな項目を自由に選択でき、

1歳刻みで細分化した保険料が魅力。

 〇 ソニー損保

おりても特約(ケガの補償、身の回り品補償、賠償責任補償)

の3つを構成。

お出かけ先(プライベート)で車を降りてから補償。

1世帯1台に家族型を付加すれば、家族全員が補償されます。

(自分・家族所有の別の車が他社の自動車保険に加入していてもOK。)

 〇 ZURCHI チューリヒ 

応急処置は、時間の制限無しで無料。

一歩抜きん出た、無料ロードサービス。

 お客様が指定した工場へ移動する場合は、

レッカーサービス100kmまで無料。

 当日、帰宅困難と判断された場合、

現地でのペットホテル費用(1日分)や ペットホテルまでの交通費、

また、急な延長、 ペットと同伴せず、

ご自宅付近のペットホテルペットシッター に預けていて、

延長料金が発生した場合、1万円までお支払いします。

*レッカーサービスを利用することが条件となります。

〇 三井ダイレクト損保 

全国を7ブロックに細分化して、

事故率の少ない地域を優遇。

年間走行距離を3,000km以下からご用意。

 

ロードサービスは、お客様が指定した工場までは

無料レッカーサービスの移動距離が50kmまで延長します。

(保険開始日が平成27年10月1日から)

2年目以降、宿泊施設、レジャー施設等 (国内外で20万ヶ所以上)の

特別割引サービスを提供します。

※上記5社の保険選びで、

1.保険料を安く節約できる。

2.補償内容が充実して満足できる。

3.価格と補償のバランス。

の観点から、

見つける方法を具体例を挙げて

比較した「5社の見積もり」を書きました。 

是非、ご一読ください。

一番安く保険を見つける方法(まとめ)

 

↓記事の詳細を他の会社の保険と比較するとよくわかりますよ!↓

インズウェブの自動車保険比較

インズウェブ自動車保険一括見積もり