読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通販型自動車保険(ダイレクト型)の比較&ネット割引(見積り・申込み)で大幅に安くなった

自動車保険は、同じ補償内容でも、およそ年間1万円から5万円以上、お得になることをご存知でしょうか?一所懸命働いて稼いだ「大切なお金」です。少しでも安くするために、一度各社の見積もりを比較する事が必須です。実際に私もネット割引を利用し、一括見積もりをしました。なんと年間保険料28,900円の差額が発生し、びっくりしました。ネットから保険料を節約して申込みできる方法をご紹介します。

↓比べて見るとこんなに差が!。5万円以上節約できる可能性が?↓

インズウェブ自動車保険一括見積もり

任意保険の「車両保険」を加入する必要性& 重要性がありますか?

の車両の損害を補償されるのが車両保険です。

しかし、加入しないといけないか、未加入でもいいのか、

どうしようか悩んでいる人も多いと想定されます。

「入る必要性を感じない」や「加入するべきだ」

という意見があります。

自分自身が購入した車、運転スタイル、生活習慣などで

変わってきます。

では、どのようなケースに

車両保険を選択したら良いか?

どのような場合に不要なのか?

車両保険の必要性について、コメントします。

車両保険とは、自動車の損害を補償してくれる保険です。

愛車が交通事故によって破損してしまったり、

盗難の被害に遭遇した時などに補償されます。

一概に、車両保険は対人賠償と比較してみますと、

必ずしも加入しなくてはならないものではありません。

例えば交通事故が起きて、

修理をしなくてはならない状況下だとします。

場合によっては、修理費用よりも

保険料の方が高くなってしまうケースもあるからです。

私の家族は数年前まで、年式の古い車(初度登録から10年以上経過)

を所有していました。

そして、立て続けに3台の車が交通事故を起こしてしまいました。

うち2台は車両保険に加入していませんでした。

事故によって修理費用が発生した為、

思い切って2台とも新車に買い替えました。

(次回の車検満了する日までに買い替えを考えていましたので。)

車両の時価が比較的安い車や中古車(型式の古い車)で

事故によって修理費用が発生した場合、

新車に買い替えようと決断する人も多いと考えられます。

しかし、これが新車、新古車など

車両の時価が高い車だったらどうでしょうか?

私だったら、新たに買い替えをすることは、躊躇してしまいそうです。

 

近年では約50%の人が車両保険に加入しています。

年々、増加傾向にあるそうです。

 

対人・対物賠償保険に加入することは常識の範囲だと考えます。

今後ますます新車、新古車、車両の時価が高い車ほど

「愛車を守る」為にも重要性が高まると考えられます。

車の修理費用を保険金で賄い人は車両保険をお勧めします。

車両保険は大きく分けますと2種類あります。

「一般車両」・「フルカバー型」・「ワイドカバー型」

(保険会社によって名称は異なります。)

などと呼ばれるものは、

幅広い事故に対応しています。

自損事故も補償されます。

 

★以前、私の家族が国道を走行中、

前を走っていたダンプカーのタイヤ付近からはねた小石が

フロントガラスの中心部分に飛んできてひび割れしてしまった。

飛び石による事故が発生したこと、

 

つい最近の出来事では、

★病院の駐車場で止めて置いた車に(家族が診察中)

当て逃げされてしまった。

このような状況でも補償対象となります。

 

補償がワイドになる分、保険料は高くなりますが、

充実した補償を希望する方にお勧めです。

 

これに対して、「エコノミータイプ」・「限定車両」

       「車対車:車両限定タイプ」・「限定カバー型」

       (保険会社によって名称は異なります。)

などと呼ばれるものは、補償される事故の範囲が

限定されている保険です。

 

補償の対象条件は、

相手が判明している車両接触・台風・高潮・洪水・爆発・盗難などによる損害、

悪戯、窓ガラス破損、落書きです。

補償範囲が限定される分、保険料は割安になります。

※当て逃げのような相手の特定が困難な接触事故は

補償対象外になります。

また、車以外の物との接触破損事故も補償対象外となります。

 あと、自然災害の中でも地震・噴火・津波による

車の損害は補償対象外になってしまいます。

 

私自身は、車両保険の加入していれば、

全ての自然災害が適用されると思い込んでいました。

要注意です!!再認識しました。

 

特に最近、頻繁にさまざまな自然災害が発生しています。

日本列島どこの場所で「地震・噴火・津波」が発生しても

決しておかしくない状況下です。

そこで、数社が取扱っている

地震・噴火・津波による車両全損時一時金支払特約」を紹介します。

車が全損した時限定で、

次の車を購入するまでに一時的に必要な費用として

50万円をお支払いするシステムです。

年間保険料は約5千円~1万円プラスになります。

参考にしていただければ幸甚です。

 

最後に、車両保険の必要性がある方を

ピックアップさせていただきました。

※運転経験の少ない方

※運転免許を取ったばかり(初心者マーク)の方

※新車・新古車を購入したての方

また、上記以外の方も

保険料がどれくらい違うのか、

また、免責金額1回目は0、または5万円・10万円から選択。

一括見積もりをして納得できるプランを

探してみてはいかがですか。

その為にも一括見積もりは非常に便利ですよ!!

 

 インズウェブ自動車保険一括見積もり>