読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通販型自動車保険(ダイレクト型)の比較&ネット割引(見積り・申込み)で大幅に安くなった

自動車保険は、同じ補償内容でも、およそ年間1万円から5万円以上、お得になることをご存知でしょうか?一所懸命働いて稼いだ「大切なお金」です。少しでも安くするために、一度各社の見積もりを比較する事が必須です。実際に私もネット割引を利用し、一括見積もりをしました。なんと年間保険料28,900円の差額が発生し、びっくりしました。ネットから保険料を節約して申込みできる方法をご紹介します。

↓比べて見るとこんなに差が!。5万円以上節約できる可能性が?↓

インズウェブ自動車保険一括見積もり

自動車保険を安くしたいあなた、必見です。

任意保険の満期日が近づきますと、

見直してみる良いタイミングであり、

チャンスでもあります。

現在加入中の契約について、

「保険料が高かったり、自動車に合った保険なのか」

と不安を覚える人もいると考えられます。

なかには、他社へ乗り換えを検討し、

迷っている人も少なくないでしょう。

そこで、自動車保険を見直してチェックポイントをご紹介します。

1.自動車保険料が高いと感じてる貴方。

  殆どの人が、同じ補償内容であれば

 「安い」に越したことはありません。

2.あなたに合った条件なのか確認。

  任意保険の更新時は、補償内容をチェックして

  現在よりもお得で満足できる契約に乗り換えるチャンスです。

  可能であれば、90日~60日(3ヶ月~2ヶ月)前から

  検討する事をお勧めします。

3.補償内容を限定してリーズナブルな保険料に。

①運転者限定・・・本人限定、本人&配偶者限定、家族限定があります。

その自動車を運転する人が、この範囲内であれば

選択してみてはいかがですか!?

 

②年齢条件・・・21歳未満不担保、26歳未満不担保、

        30歳未満不担保、35歳未満不担保があります。

例えば、

実家に住んでいた子供が大学進学や

結婚して別居する場合など、

夫婦の年齢条件に合わせたほうが

保険料が安くなるケースがあります。

 

また、29歳の人が誕生日を迎えて、

30歳になった時など年齢条件が引き上がります。

このようなタイミングで更新すれば保険料が安くなります。

 

③走行距離・・・3,000km未満、3,000~5,000km未満、

5,000~7,000km未満、7,000~10,000km未満、

10,000~15,000km未満、15,000km以上があります。

例えば、

☆日常生活は近くのスーパーや百貨店などの買い物する人。

★通勤は最寄り駅近くの駐車場迄または送迎に利用される人。

☆休日しか利用しない人。

などは見直してみる良いチャンスです。

 

④使用目的・・・日常・レジャー用、通勤・通学、業務用があります。

例えば、

加入した時は、マイカーで通勤していた人でも、

今は、徒歩や自転車で利用している人は

日常・レジャー用に変更することができます。

更に保険料が安くなります。

 4.お得な割引制度を知っておくと便利です。

①インターネット割引

1,500円~最大10,000円の割引があります。

インターネットからの見積もりや契約により

保険料を割り引く制度です。

代理店型(対面型)自動車保険とは異なり、

ご自身で補償内容を確認しながら手続きができます。

これが通販型(ダイレクト型)自動車保険

一つの特徴でもあり、メリットです。

 

②早期割引

インターネットからの申込みで、

契約満了日の50日前、45日前、30日前など、

早期契約する事で400円から最大600円の割引があります。

契約更新時期の3~2ヶ月前から検討して

早めに契約する事をお勧めいたします。

 

③証券不発行割引

保険契約した際に、発行される証券を発行しないで契約締結します。

通販型自動車保険会社の殆どが500円から最大600円の割引があります。

今では、インターネットから証券内容が確認できます。

 必要な場合は別途で割引以下の金額で発行が可能です。

あえて申込み時に無くても問題ありません。

 

④複数所有自動車割引(セカンドカー割引)

 ご家族で2台以上所有している人は、

保険会社数社が取り扱っています。

2台目以降の自動車(同じ保険会社で契約)が

500円~最大600円割引されます。

 

また、ご家族で複数台契約している人が、

人身傷害保険の車外補償や弁護士費用特約などを

全車両に付加しているケースがございます。

1台に付加することで、他契約の車も補償されます。

その分、保険料が安くなります。

2台目以降は「人身傷害保険の車内のみ」とし、

「弁護士費用特約」は不要です。

※くれぐれも重複しないように注意が必要です。

各保険会社によって、割引制度が異なります。

この機会に一括見積もりで比較してみてはいかがですか?

私自身も自分に合った保険会社が見つかりました。

 インズウェブ自動車保険一括見積もり>