読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通販型自動車保険(ダイレクト型)の比較&ネット割引(見積り・申込み)で大幅に安くなった

自動車保険は、同じ補償内容でも、およそ年間1万円から5万円以上、お得になることをご存知でしょうか?一所懸命働いて稼いだ「大切なお金」です。少しでも安くするために、一度各社の見積もりを比較する事が必須です。実際に私もネット割引を利用し、一括見積もりをしました。なんと年間保険料28,900円の差額が発生し、びっくりしました。ネットから保険料を節約して申込みできる方法をご紹介します。

↓比べて見るとこんなに差が!。5万円以上節約できる可能性が?↓

インズウェブ自動車保険一括見積もり

自動車事故対応はどうしたらいいの?

自動車を運転する人の中で、事故を起こすつもりで運転している人は

(以前、当たり屋と呼ばれ、故意に事故を発生する集団の人以外は)

いないと考えます。

いくら自分自身が注意していても、

交通事故を起こしてしまう可能性はあります。

 

突然、起きる自動車事故に備えて、

契約している任意保険(自動車保険)の保険会社への連絡など、

事故発生時にしなければならない手順を確認しておくことが肝心です。

まず、対応方法として

1.自動車事故は負傷者の確認と救護が最優先です。

対人事故が発生した場合、

迅速に負傷者の救護を第一に優先する事です。

その時は動揺していることが想定されますが、

落ち着いて、負傷者に声をかけて

意識があるか無いかを確認する事です。

そして、救急車の手配もしましょう。

 

事故発生時は問題がなくても、脳出血頭部を強打)などは

少し経過してから発症する可能性があるためです。

また、意識不明な状態で一刻を争う事態では

安全な場所に負傷者を移動して必要に応じて

心臓マッサージや、人工呼吸などの応急処置を行ってください。

2.二次災害の対策防止を徹底します。

道路上に衝突事故を起こした

自動車やオートバイなどが放置してありますと、

後続車両がオートバイや自動車に

衝突事故を起こす可能性も想定されます。

移動することが可能であれば、

他の車両の通行防害しない安全な場所まで

動かしてください。

 

しかし、車両のエンジンが壊れている場合など、

移動できない事態も考えられます。

他の車両と衝突回避する具体的な方法として、

★発煙筒の使用、★ハザードランプの点灯、

★停止表示機材(反射する赤い三角板)の設置するなど、

 落ち着いて行動してください。

 

特に高速道路で発生した事故は、

以上の衝突回避対策が済みましたら

素早く車から離れてください。

⚠車内にいるのは非常に危険です!!

3.事故の相手や目撃者の連絡先を聞くことです。

免許証を確認して住所、氏名、連絡先の電話番号、車のナンバーなど

メモをとり、確実に控えておくことが大事です。

どちらか一方的に過失がある場合(10:0)を除き

示談交渉は契約している自動車保険会社に

お願いすることになります。

 

相手方が大怪我で入院した場合、

温情的には、タイミングをみてお見舞いにいくのが「礼儀」だと思います。

連絡先を確認しておくことも大切です。(後で直接連絡する必要性がある時。)

 

また、目撃者がいる場合、住所、氏名、連絡先の電話番号も

聞いておいてください。

近頃では、事故発生時の状況をスマホで画像や動画に

記録していることも考えられます。

4.警察に連絡することです。

 初期対応が済みましたら、警察に連絡をします。

ちょっとした事故などは特に、躊躇しがちになるそうです。

何故かといいますと、免許証の点数が減点されたり、

罰金の対象になったりしないか

心配して連絡をしたくないと考えてしまうそうです。

 

しかし、人身事故は当然のこと、

単独事故や物損事故も警察に届け出ることは義務です。

警察に通報義務を怠った場合、

罪に問われることもあるそうです。

 

また、事故を起こして保険を使うケースでは、

原則として事故証明が必要です。

事故証明書を発行してもらうには

警察への届出が必要なので、連絡は必須です。

事故状況を早期に証明しておけば、

次の段階で交渉を順調に進捗できる可能性が高まります。

体験談

私の家族も、数年前、立て続けに交通事故を体験してしまいました。

その時の状況を聴いてみたところ、

「気持ちが動転してしまい、どうすればいいのか?頭の中が放心状態だった。」

との事でした。

 

決して人ごとではありません。いつ何時発生してもおかしくないのです。

このような事態に備えて、

信頼のおける自動車保険会社と契約することが大切です。

事故対応の満足度も任意保険選びのポイントになります。

保険料を比較する為にも、一括見積もりは非常に便利ですよ!!インズウェブ自動車保険一括見積もり>