読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通販型自動車保険(ダイレクト型)の比較&ネット割引(見積り・申込み)で大幅に安くなった

自動車保険は、同じ補償内容でも、およそ年間1万円から5万円以上、お得になることをご存知でしょうか?一所懸命働いて稼いだ「大切なお金」です。少しでも安くするために、一度各社の見積もりを比較する事が必須です。実際に私もネット割引を利用し、一括見積もりをしました。なんと年間保険料28,900円の差額が発生し、びっくりしました。ネットから保険料を節約して申込みできる方法をご紹介します。

↓比べて見るとこんなに差が!。5万円以上節約できる可能性が?↓

インズウェブ自動車保険一括見積もり

自動車保険の評判とお得な情報満載

今や、通販型自動車保険各社の [事故対応顧客満足度]は、

90%(9割)を超えています。

すなわち、10人の内9人の方は、

通販型自動車保険を評価していることになります。

 

昔のイメージでは「緊急事態が発生した場合、事故対応が遅い。

基本的に電話応対なので、顏を見て話せないから不安になってしまう。」

と言ったご意見が多かったようです。

 

確かに事故に遭遇した時は、

敏速に対応してもらえる保険会社が一番です。

そして、ひとまず安心感を得たいと思います。

私自身もそうですが、

予期せぬ出来事が起きますと パニック状態に陥ってしまいます。

 

しかし、近年では信頼できる保険会社に

変貌しているのではないでしょうか!?

今後、ますます伸びしろの商品だと感じています。

通販型自動車保険の良い点をピックアップしてみます。

 

1.インターネットから手続きをすることで、

ネット割引が適用になり、

保険料がぐ~んとお安くなって助かりました。

 

2.補償内容の充実度でもかなりハイレベルになっているので、

安心して契約することができます。

 

3.特約部分のラインナップが豊富になり、

ご自身にあった保険選択肢が増えたので、

価格と補償のバランスもとれます。

前置きが長くなってしまいましたが、 各社の口コミ情報を書きます。

 

SBI損保はネット割引10,000円、

年間走行距離が特に5,000km以下では

割安な保険料が魅力です。

 

〇セゾン自動車保険(おとなの自動車保険)は、

主に40、50代をターゲットにして、

ネット割引10,000円、ロードアシスタンス(ロードサービス)

など特約部分の細分化による選択ができることで、

保険選びがさらに充実し、格安な保険料が期待できます。

 

ソニー損保はなんと言っても

13年連続売上NO,1の実績を誇り、

年間走行距離が3,000km以下から設定があり、

「おりても特約」など他社にはない オリジナル商品を取り揃えた、

知名度も高くより一層の安心感があります。

 

チューリヒはインターネット割引、最大12,000円、

ロードサービス(ペット費用特約)など人以外の

他ジャンルも 取り入れたワイドな補償になっています。

 

〇三井ダイレクト損保は、継続契約2年目以降に行楽地 (レジャー施設、ホテル等)

20万ヶ所以上で特典があり、

サービス面にも力を入れていて、アットホーム的感覚です。

 

イーデザイン損保は、ネット割引10,000円、

弁護士費用等補償保険がセットで安心です。

 

アクサダイレクトは、東日本大震災後、

いち早く「地震等車両全損特約」を商品化。

全損時、50万円が補償されます。

車両保険と一緒に加入することで、

プラス地震津波、噴火が対象となります。

 

※交通災害が発生した場合、

対応力は担当者レベルの人間性に関わってくるのではないでしょうか!?

各社の担当者は、基本的には早期解決の向けて、

冷静かつ迅速な対処していただけると思います。

それぞれ事故担当するプロフェッショナルですからね。

 

また、人間と人間の相性もあると思いますので、

一概に口コミ情報だけでどこが良いか、悪いか、

判断するのは非常に難しいと考えます。

 

※同じ通販型自動車保険でもさまざまな補償があり、

どれが一番、自分自身に合っているのか判断に迷ってしまいます。

 

その為に一括見積もりは非常に便利ですよ!

他の会社の保険と比較するとよくわかりますよ!

インズウェブの自動車保険比較