読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通販型自動車保険(ダイレクト型)の比較&ネット割引(見積り・申込み)で大幅に安くなった

自動車保険は、同じ補償内容でも、およそ年間1万円から5万円以上、お得になることをご存知でしょうか?一所懸命働いて稼いだ「大切なお金」です。少しでも安くするために、一度各社の見積もりを比較する事が必須です。実際に私もネット割引を利用し、一括見積もりをしました。なんと年間保険料28,900円の差額が発生し、びっくりしました。ネットから保険料を節約して申込みできる方法をご紹介します。

↓比べて見るとこんなに差が!。5万円以上節約できる可能性が?↓

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ダイレクト自動車保険ランキングで貴方は何を重要視しますか?

私自身、通販型自動車保険の最大のメリットは、

インターネット割引だと考えています。

 

現段階では、代理店型(ダイレクト型)自動車保険は、

未だ取り入れていないシステムだからです。

 

※まず、ここで注意していただきたい事があります。

それは、インターネット割引でも「新規契約」及び[継続更新契約]

とも割引金額が同じ損害保険会社もあれば、

継続更新契約になると大幅にダウンしてしまう

損害保険会社があります。

この中で、

SBI損保、

イーデザイン損保

〇セゾン自動車保険おとなの自動車保険

 

上記3社が 新規、継続更新契約とも

10,000円割引(一括払い時)が適用されます。

ネット割引としては、ナンバーワンと言えるでしょう。

 

次に、年間走行距離「走る分だけ保険料」について、

ピックアップしてみます。

14年連続売上NO,1のテレビコマーシャル(TVCM)で

お馴染みのソニー損保をはじめとする

各社走行距離区分について、調べてみました。

ソニー損保    3,000km以下、

イーデザイン損保 3,000km以下、

チューリヒ    3,000km以下、

★三井ダイレクト損保3,000km以下、

※年間走行距離が3,000km以下の方は、

ピックアップして見比べる事をお薦めいたします。

 

アクサダイレクト 5,000km未満、

セゾン自動車保険おとなの自動車保険)5,000km以下、 

 

年間走行距離が5,000km以下の方は、

比較対象することもありだと考えています。

 

SBI損保  年間走行距離による細分化が

5,000km単位(5区分)に改訂されました。(平成28年10月1日から)

 

年間走行距離が10,000km未満であれば、

保険料が更にお安くなる可能性があります。

 

※ゴールド免許をお持ちの方、必見です!!

ゴールド免許割引について、ご紹介いたします。

 

SBI損保は、年間保険料から約20%割引されますので、お得です。

ソニー損保は年間保険料から約6%割引されます。

 以上から1位SBI損保、2位以下ソニー損保、

セゾン自動車保険おとなの自動車保険)などが続きます。

 

平成27年10月1日から多くの損害保険会社で商品改訂がありました。

(おとなの自動車保険は平成28年1月1日契約始期日からとなります。)

 この度、管理人独自のランキングを

つけさせていただきましたが、

その他たくさんの特約(オプション)がございます。

 

管理人の年齢51歳(主たる被保険者)

自家用小型乗用車を運転

インフリート等級が20等級

ゴールド免許 の立場からあえて

ランキングを申し上げますと

 

1位:セゾン自動車保険おとなの自動車保険

2位:SBI損保

3位:イーデザイン損保

※理由としましては、冒頭でご紹介いたしました

インターネット割引10,000円とトータル保険料が安くなる事です。

また、補償内容(特約内容)も充実していて

バランスが良かったので選びました。

管理人なりに評価してみました。参考になれば幸いです。

 

最後に、確かに保険料が安いだけではだめですし、

補償内容&サポート体制が伴わなければ

安心して契約は結べません。

 

後悔しない保険選びをする為にも、

一括見積もりは非常に便利ですよ!

他の会社の保険と比較するとよくわかりますよ!

インズウェブの自動車保険比較

インズウェブ自動車保険一括見積もり