読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通販型自動車保険(ダイレクト型)の比較&ネット割引(見積り・申込み)で大幅に安くなった

自動車保険は、同じ補償内容でも、およそ年間1万円から5万円以上、お得になることをご存知でしょうか?一所懸命働いて稼いだ「大切なお金」です。少しでも安くするために、一度各社の見積もりを比較する事が必須です。実際に私もネット割引を利用し、一括見積もりをしました。なんと年間保険料28,900円の差額が発生し、びっくりしました。ネットから保険料を節約して申込みできる方法をご紹介します。

↓比べて見るとこんなに差が!。5万円以上節約できる可能性が?↓

インズウェブ自動車保険一括見積もり

通販型自転車保険の「自転車事故補償特約」!!自転車を乗る方必見です。

私は通販型自動車保険会社と4台、契約を結んでいます。

その内、1台には、自転車事故補償特約を付けて加入しています。

 

今なぜ、自転車事故補償を付加したのか、

健康志向が高まる中、自転車に乗る機会が増え、

それに伴って自転車事故(歩行者・自動車・オートバイ・自転車同志)

が多発し、 社会問題化してきているからです。

私の家族も自転車を2台所有していて、よく乗っています。

自転車を運転中、 最近よく見かける光景は、

スマホの操作や会話、イヤホンで音楽を聴くことなど、

注意力が散漫になり、事故を起こす危険性が高まります。

 

また、悪天候時、強風雨・積雪など傘をさす機会が増えます。

その為、視界不良や片手運転、 路面が滑ったりして バランスを崩してしまい、

事故につながるリスクが高まります。

[最新情報]平成27年11月12日

テレビニュースで重大な過失事故が放送されていました。

歩行者(相手方)との接触事故による死亡事故。

自転車は時速20~30kmのスピードがでます。

一歩間違えると、取り返しのつかない事態になってしまいます。

 

なんと、交通事故の死亡事故割合が

8人に1人の確率で、自転車事故が関わっているのです。

対歩行者(相手方)では、

殆どの方が、加害者になってしまうそうです。

自動車同様、「自転車は車両」という認識をもち、

 一緒に安全運転を心がけていきましょう。

(2002年1,966件に対して、2012年は2,625件)  データに基づき

自転車 対 歩行者における事故件数 10年で約1.3倍 増加しています。 

 

SBI損保の補償内容

〇自転車事故補償特約(オプション) 

1.損害賠償責任保険1事故につき1億円まで補償(対人・対物)

2.死亡保険金・後遺障害保険金1名につき1,000万円まで補償。

3.本人だけでなくご家族も補償。(同居家族・別居している未婚の子)

4. 月々の保険料約300円。1日あたりわずか10円。(年間3,650円)

 *ご自身やご家族のケガで、5日以上の入通院(事故日から起算して180日以内)

   にも、給付金が受けられるのも魅力です。  

 

☆セゾン自動車保険おとなの自動車保険)の補償内容

 

〇個人賠償責任特約(オプション)[年間保険料1,570 円]

.1事故につき、無制限補償(対人・対物)

        自動車事故(オートバイ・原付バイク)以外の日常賠償事故を補償。

  示談交渉サービス付。

 〇自転車傷害特約(オプション)[年間保険料2,030 円]

 1. 死亡保険金・後遺障害保険金    1名につき500万円まで補償。

 2.本人だけでなくご家族も補償(同居家族・別居している未婚の子)

 3.個人賠償責任特約と自転車傷害特約を加入時[年間保険料 合計3,600円 ]                 ※なお、どちらか一つ、加入することもOKです。

※さらに、同居している子が自動車保険に加入時、同補償を付加したい方は、  

個人賠償責任特約 1,730 円 ・自転車傷害特約 2,230 円

年間保険料 合計 3,960 円で加入できます。

 

*ご自身やご家族のケガで、入院5日以上で入院一時金10万円、  

入院保険金1日につき、5,000 円(事故日から起算して180日以内)  

が支払われます。  

特に、5日以上入院された場合は、とても助かると思います。

 

上記2社の「自転車事故補償特約」等について

ご紹介させていただきました。

SBI損保、おとなの自動車保険、または他の会社の保険と

比較するとよくわかりますよ!

その為に一括見積もりは非常に便利ですよ! 

インズウェブの自動車保険比較