読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通販型自動車保険(ダイレクト型)の比較&ネット割引(見積り・申込み)で大幅に安くなった

自動車保険は、同じ補償内容でも、およそ年間1万円から5万円以上、お得になることをご存知でしょうか?一所懸命働いて稼いだ「大切なお金」です。少しでも安くするために、一度各社の見積もりを比較する事が必須です。実際に私もネット割引を利用し、一括見積もりをしました。なんと年間保険料28,900円の差額が発生し、びっくりしました。ネットから保険料を節約して申込みできる方法をご紹介します。

↓比べて見るとこんなに差が!。5万円以上節約できる可能性が?↓

インズウェブ自動車保険一括見積もり

愛車が盗難に遭遇。車両保険加入で盗難が対象!!あなたは大丈夫?

数年前、会社のオーナーが会社内の車庫に

ランドクルーザーを保管していました。

 

しかし、巧妙な手口で盗まれてしまいました。

当然、カギもしっかりと施錠していたにも拘わらず・・・。

すぐに、警察及び損害保険会社に連絡をしました。

残念ながら車は、発見されませんでした。

 

幸い貴重品は持ち出していて無事でした。

また、通販型の車両保険にも加入していましので、

保険金が支払われて同じタイプの車を購入する事ができました。

 

「車両保険に申込みをしておいて本当に良かった。」

感謝していますとの事でした。

 

盗難車の車内は

「いろいろと装備して手入れをしてたので、

思い出がいっぱい詰まった愛車だ。  

だから、非常に悔しい気持ちでいっぱいだ。」

と話されていました。

 

車両保険を使うことで、インフリート等級は1等級ダウンしました。

 

でも、これが車両保険(一部損保はオプション)に

加入していなかったケースを考えると

パニック状態に陥ってしまうのではないかと想像がつきます。

 

こんな状況にならない為にも、

ご自身が盗難対策を講じなくてはなりません。

 

ここ近年、盗難防止システム(イモビライザーシステム)を

装着している車が増えています。

 

しかし、防盗性の高い最新車種でも、油断は禁物です。

 

車上荒らしによるバッグ類、ドアミラー、バンパー、タイヤ、ホイールなど、

被害割合が年々増加しています。

 

GPS追跡装置、バー式ハンドルロック、センサー式警報装置など、

複数の盗難防止装置で「大切な愛車」を守りましょう。

 

また、商品名[タイヤガード]を装着する{容易に取付可能}ことで、

車本体、タイヤ、ホイールを1台で3つ守れるアイテムもあります。

 

しっかりした防犯対策を講じていれば、

犯人が犯罪をストップする可能性が高まります。

 

では、一体いつ、どこで、どんな車が

盗難に遭遇してしまっているのか?

 

下記に記載します。

✖ ワーストランキング

盗難発生場所

1位 契約駐車場[屋外](39.6%)

2位 自宅[屋外]   ( 25.2%)

3位 勤務先駐車場  (  9.2%)

4位 道路上に駐車、スーパー、コンビニ など

※夜間や、長時間駐車している場面が、特に狙われ易い。

契約駐車場、自宅ともに屋外、合わせて64.8%発生しています。

また、盗難車両のカギ施錠状況は、 カギを抜いてロック(94.1%)が、 カギを抜かずに放置(4.5%)より圧倒的に多い。

都道府県別

1位 千葉県 (18.2%)

2位 大阪府 (17.8%)

3位 埼玉県 (11.9%)

4位 愛知県 (11.3%)

5位 神奈川県( 6.8%)

自動車盗難事件発生場所(2012年11月1日から30日) の調査データ結果

政令指定都市の人口の多い府県が、盗難被害に遭うリスクが増えています。

1府4県だけで66%、高い占有率です。

盗難車両

1位 プリウス     (18.8% )

2位 ハイエース    (10. 8%)

3位 ランドクルーザー (10.5% )

4位 アクア       (   6.2% )

5位 セルシオ      (   4.6% )

自動車盗難事件発生件数、全国372件(2014年11月1日から30日)

の調査データ結果

※最新の人気高級車は、高値で売買されやすく、ターゲットになっています。

ハイエースは、運送業者にも使用でき、「耐久性抜群」海外でも人気があります。

※1日あたりに換算しますと、12~13件の方々が被害に遭われています。

決して他人事ではありません。

 

この機会に、車本体の盗難から「愛車をしっかり守る」

車両保険と併せて、

身の回り品特約(車両積載動産特約)

衣類、カメラ、ゴルフ用品、スノーボードなど

車内品補償も一緒に検討してみてはいかがでしょうか!

 

車種によっても車両保険、身の回り品特約(車両積載動産特約)

各損害保険会社の保険料金はまちまちです。

 

ちなみに、おとなの自動車保険は、車両保険を加入する際に、

特約(オプション)盗難を付加することでカバーされます。

他の会社の保険と比較するとよくわかりますよ!

その為に一括見積もりは非常に便利ですよ! 

 インズウェブの自動車保険比較