読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通販型自動車保険(ダイレクト型)の比較&ネット割引(見積り・申込み)で大幅に安くなった

自動車保険は、同じ補償内容でも、およそ年間1万円から5万円以上、お得になることをご存知でしょうか?一所懸命働いて稼いだ「大切なお金」です。少しでも安くするために、一度各社の見積もりを比較する事が必須です。実際に私もネット割引を利用し、一括見積もりをしました。なんと年間保険料28,900円の差額が発生し、びっくりしました。ネットから保険料を節約して申込みできる方法をご紹介します。

↓比べて見るとこんなに差が!。5万円以上節約できる可能性が?↓

インズウェブ自動車保険一括見積もり

人身傷害補償保険「車内・車外ともに補償」と弁護士費用等補償保険特約とは?

例えば、あなたの家族が通販型自動車保険に、

自家用小型乗用車1台、自家用軽四輪乗用車1台、

計2台(複数)所有しているケースを挙げてみます。

 

〇人身傷害保険の「車内・車外ともに補償」は  

どんな事故で補償されるのか?

 

1.ご契約のお車に搭乗中の事故(車内補償)   

ご契約のお車に搭乗された方全員

 

2.バス、レンタカー、タクシーなどご契約のお車以外、   

他人名義の「他の自動車」に搭乗中の事故(車外補償)

 

3.歩行中や自転車搭乗中の自動車事故(車外補償)

 

〇上記の場合、誰が車外補償の対象者となるのか?

 

1.ご自身(記名被保険者)及びご家族の方が対象となります。

ご自身やご家族が、どちらか1台のお車に

「車内・車外ともに補償」を付加する事で、

両方のお車に[下記項目内容]が補償されます。

 

1.ひき逃げ被害など、相手方が不明な場合。

 

2.バス、レンタカー、タクシーなど、ご契約のお車以外、   

他人名義の「他の自動車」に搭乗中の事故(車外補償)

 

3.歩行中や自転車搭乗中の自動車事故(車外補償)   

対象範囲が拡がり、ワイドな補償でメリットがあります。

 

車を複数台所有している同居のご家族で

人身傷害保険に既にご加入中の方、

これからご加入予定(ご検討中)の方は、

1台のみ「車内・車外ともに補償」を付加して、

他の車は、「車内補償」を選択する事をお勧めいたします。

重複を無くし、保険料も安くなるので、

確認をしてみてはいかがでしょう。

 

次に弁護士費用等保険[弁護士費用特約]について紹介します。

〇弁護士費用等補償保険[弁護士費用特約]は

どんな事故で補償されるのか?

自動車で後ろから追突されるなど、 相手方が100%悪い、

もらい事故などに遭遇し、 相手方に損害賠償請求をした時に、

①相手方が保険に未加入で、交渉が進捗しない。

②相手方が損害賠償請求に応じてくれない。

③相手方の提示した損害賠償金額に納得できない。

〇誰が補償の対象者となるのか?

1.記名被保険者

2.記名被保険者の配偶者

3.記名被保険者または配偶者の同居親族

4.記名被保険者または配偶者の別居の未婚の子

5.上記以外の契約自動車に搭乗中の者

6.契約自動車の所有者(ご自身・ご家族の方)

以上に該当する方、弁護士に交渉を依頼する時の弁護士費用等が支払われます。

 

※1事故につき、1名あたり弁護士費用等最高300万円、  

法律相談費用10万円を限度として支払われます。

(一部、損害保険会社は対象外)要確認。

 

こちらも同様、ご自身やご家族が、

どちらか1台のお車に

弁護士費用等補償保険[弁護士費用特約] を

付帯する事で、両方のお車に「ご家族限定」で

弁護士費用等の補償が付きます。

 

既に、複数の車にご加入中の方、

重複を無くし、保険料を安くしたい方は、 確認する事をお勧めします。

 

※{ご家族以外(友人・知人など)にも補償を付けたい方は、

ご契約のお車ごとに

弁護士費用等補償保険[弁護士費用特約]の加入が必要} となります。

 

各損害保険会社は「車内・車外ともに補償」や

弁護士費用等補償保険[弁護士費用特約]

の保険料が統一されている訳ではありません。

 

ほぼ同じ補償内容でも、だいぶ価格差が発生しています。

その為には一括見積もりは非常に便利ですよ!

インズウェブの自動車保険比較